バルニバービが立会外分売と自社株買いを発表して

バルニバービから立会外分売と自社株買いのニュースが出てたぽ。

リンク:株式の立会外分売に関するお知らせ
リンク:自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ

立会外分売で広く株を保有してもらう。
自社株買いで金庫株を増やして将来M&Aをした時に充てられるようにする。

理屈としては良いんだけど、よく分からない感じでもあるかなぁ。
立会外分売については、会社四季報ベースだと株主は5000人弱いるし、板のスプレッドがそんな広い訳でもないよね?
自社株買いも割安だから買うんです!って訳じゃないよね?
買い物は安く買うのが教科書的なお金の使い方な訳で、安く買ってない買い物(自社株買い)をしたのはタイミング的に今がベストとは思えない。
ま、そんな感じで金庫株を作りたかったのが主で、多めの立会外分売にぶつける事でバランスをとったのかもしれないね。
もしくは今後良い業績を上げ続けるから、インサイダー(会社)としては、今自社株買いをしておかないと今後はもっと高い所で買う事になるから。とか?

株価動向

発表翌日2019年6月18日の株価の状況は
終値が1,237円で前日比+22円(+1.81%)。
出来高が突出して大きくて42,800株。
値動きとしてはこの価格の前後で細かく売買されていた感じ。

コメント