評価額8位 日本たばこ産業

2018年末の保有銘柄トップ15と損益率のシリーズ。ここでは数字や株価の深い分析はしないよ!

8位は日本たばこ産業。通称JTでございます。

優良企業

JTって言ったら皆さんご存知タバコですね~。
緩やかな増税と便乗値上げをしても根強いファンが買ってくれる安心安定の商材。
そんな辞められない止められない合法ドラッグを売っていて利益率が高いッ!
日本たばこ産業は国内の葉っぱの買取と製造の独占が認められていて、新規参入の難しい、いわゆる堀の深いビジネスを展開している優良企業であります。

買収に一定の評価

タバコは寡占業界だから、買収による成長が肝。で、JTの買収ってどうなんだ?って話なんだけど、買収する度に失敗している大きな会社と比べてると失礼なぐらい、JTの買収には一定の成果というか評価がされていると思う。

それと、JTの元副社長でM&Aの中心だった新貝康司さんの本がかなり深くて面白かったんだよね~。これを読んでなかったらJTの株は買ってなかった。それぐらい魅惑の本。

JTのM&A 日本企業が世界企業に飛躍する教科書
新貝 康司
¥ 2,376(2019/01/09 11:52時点)

JTのHPにもMA&考え方が書かれていたりするよ!
JTのM&A戦略

EGS投資の観点では

タバコって体に悪いけどいいの?その商売は倫理的にいいの?EGSの観点から非常に課題を抱えている状態。
(ここから愚痴)個人的にはプルームテックは認めてるけど、紙巻きたばこは嫌い。発がん性みたいな体感できない事よりも、吸う人が10メートルの範囲にいると、くさい、のどが痛くなる、くしゃみが出る。関係ない第三者に害が飛びすぎなのね。
それに比べてプルームテックは空気の汚れ・匂いがほとんどないから、もっと広く広まってもいいと思ってるんだけど。
家や公共の場とか軒先とか、所定の場所以外ではプルームテック。これなら吸う人吸わない人の共存が出来そうだと思ってたんだけどね~。
東京オリンピックに向けてプルームテックに「限って」は規制を緩くするみたいな形で政府の助けも借りて喫煙場所の新しいルール展開をして欲しかったわ。
因みに同じような加熱式でも高温加熱のアイコスとかは臭いからダメよダメダメ。あれはあかん。
って事でEGSも踏まえてプルームテックで上手に立ち回りができれば嬉しかったんだけど。ま、でも…難しいね。(愚痴ここまで)

JTとの付き合い方

喫煙者なら業界への知見もあるし強いビジネスで配当利回りも高くて株主優待もあって仲良くお付き合いできるんじゃないかな。
追加で大人の株主優待もあって、欲しいならテイスティング用に紙巻きのサンプルやプルームテックのスターターキット本体も貰えるヨ!サンプル自体は会員になれば貰えるはずだけど。

でも、自分の保有についてなんだけど、多分ね、今後保有を減らすか0にすると思う。ビジネスが強固でも趣味に合わんわ。新貝さんが退任したのも大きい。

コメント