サイゼリヤ正垣泰彦会長の考え方

Food Biz Vol.101にサイゼリヤの正垣泰彦会長のインタビュー(p.36~p.46)があったから、会長の考え方についての部分を引用して紹介するっぽ。

インタビューより引用

お客様が来ないのは、自分が間違っているから。

失敗したら、そこで反省して、どういう自我が入り込んでいたかを検証すればいい。それを取り除けば、再び正しい方向に進むことができる。

世界のためとか、デッカいことを考えると、私利私欲が入る余地がないから、そのぶん正しい道を進みやすいよね。
だから、ロマンとかビジョンとかは、できるだけ大きく持った方がいい。

会社の基本理念が、「人のため」「正しく」「仲良く」

サイゼリヤが、何を食べても財布のことを心配しなくていい価格を追及しているのは、困った人に喜んでもらうためなんだ、ただそれだけ。
これが「正しい道」なんだから、これさえ間違えなければ、必ず成功する。

感想

正垣会長は考え方の筋が通っていて、時にはブレた行動もするみたいだけど、その都度正す。何度も正す。
そうする事でブレない。そんな感じみたい。
それはとても良いな。って思ったよ。

ところで。
客としてサイゼリヤの店舗を見てると、混雑時はすごく慌ただしいから大丈夫なんかな?
と、思うんだけど、ネットの口コミを見ると案外中は仕組化されているそうで。
ただ、店長の能力とか不倫とか不適格店長への愚痴が散見されるのはあかんと思う。
ま、店も1500店舗あれば色々居ますわな…。

値段を安くして、それでお客様が来るからそれが正しい。
ちょっとその成功体験に囚われすぎていて、スタッフを安月給でこき使ってるんじゃない?と思ってたけど、そういう感じでは無さげ?
覚えちゃえば簡単な仕事だから。ってのもあるのかな。
インタビューには勤続50年の人もいるって話もあって、トータルで見るとそんなに客として見ている程には悪い環境じゃないのかもね~。
ま、でも、不満があるのなら、時給はもう少し上げても良いと思うよ。株主として。
「人のため」これは基本理念の説明にある通り、働く人のためでもある訳だから。

コメント