主要投資先の年間株価上昇率2019年

スポンサーリンク

今回は主要投資先の年間の株価上昇率を確認してみましょう。
要は2018年の最終日に株を持っていたらどれぐらい上がってるか。って話だわね。
対象は有利子負債0ポートフォリオに加えてナスダックETFも追加。

銘柄(コード)2018年末現在値上昇率
7730 マニー1,391.673130124.9%
7320 日本リビング保証759148795.9%
3969 エイトレッド951177186.2%
3901 マークラインズ1,200197664.7%
3484 テンポイノベーション690103249.7%
3835 eBASE804116745.1%
4919 ミルボン4,470620038.7%
3633 GMOペパボ1,935241424.8%
4923 COTA1,311.82155718.7%
3848 データアプリ1,8671777-4.8%
2391 プラネット1,8451559-15.5%
1545 NASDAQETF7,0609,69037.3%

トータルで有利子負債0PFは9勝2敗。
上昇率平均もナスダックETFより強い結果。
何気にすごい1年だった感じね~。

特に上昇が目立つのは株価が2倍以上のマニー。
日本リビング保証も上がってる。
自分の中では株価は年後半の1000円弱水準ってイメージだったけど、終わってみれば約2倍。
エイトレッドも80%オーバー。なんか自分の思ってた以上に上がってる。

総じて上がった会社に何か大きな話題があったかと言えば、特にない。と思う。何かあったっけ?

下落が目立つのはプラネット。
やってる事は変わらないけど、売り上げ減で配当据え置きの会社予想が出ているのはちょっとネガティブなのかな。

って事でストックグロースを中心とした有利子負債0ポートフォリオを今後も見守って行きます。そうします。

コメント