バルニバービの株主総会が良かった

ちょっと昔の話だけど、去年初めてバルニバービの株主総会に行った時、殆ど数字も示さずに佐藤社長の言葉で進行してて、良いなぁって思ったんだよね。
株主総会として中々見ない進め方で、自分の経験した範囲だとバルニバービ程数字やグラフを使わない会社は他に無いね。(狭い株主総会参加経験範囲だけど。)

株主総会・その後の第2部の説明会で社長の考えを存分に聞けて、更にこの時は説明会でグループ会社のトップが面白い話をしてくれてとても良かった。

でも、会議やプレゼンとしてはそれが良いと思うんだよね。
本来数字なんて総会の参加者全員頭の中にある程度入っている訳で、書類・資料を読み上げる必要なんて全くない訳です。(会議ってそんなもんでしょう?)

こんな感じで株主との対話・説明をしっかりしてくれると、ファン投資家が少しずつ増えていって、もっとバルニバービの事を知りたい人が増えて、長期的に株を保有したいと思う人が増える。
そんな感じでバルニバービ個人投資家の輪が広がる訳ですな。

…ただ、バルニバービは安心安全の安定成長な会社って訳じゃないのがね。
テラスのお店は天気の影響を受けるし、最近だと菊水へのチャレンジ投資もあったよね。
そもそも飲食業界って難しい。
投資家としては目先の業績や株価の推移でハラハラする事も多いカモメ。
だからこそ、バルニバービはファン投資家を増やして、長期で株を保有してもらう。
これが大切だと思う。

バルニバービは働く人に魅力があってお店にも魅力がある。
そして経営陣にも魅力がある。

そんな魅力的なバルニバービへの投資を今後も継続したいと思う次第。
そうそう。最近名古屋駅のセントラルタワーズにBON COCOTTE(ボン ココット)ってお店が出来たから、今度行ってみるっぽ。

実際の投資は?

ポートフォリオとしては中位グループ。
こんなに言っておいて上位じゃないのかよ!って話なんだけど、飲食業界への投資は難しいからねぇ…。

コメント