マークラインズの2019年12月期第2四半期決算短信をチェック

マークラインズの2019年12月期第2四半期決算短信がリリースされております。
2019年12月期 第2四半期決算短信

後日、決算説明会資料も公開されてた。
2019年12月期第2四半期 決算説明会資料

会社計画より少々上振れ。
内容は順調。
株価がどうなるかは謎。

利益率も高い所を維持CHU。

情報プラットフォーム契約社数の伸び方は2017年をピークに鈍化している感じ。
そういう観点では会社としての成長が鈍化してもおかしくないんだけど、これをコンサルティング事業・人材紹介事業が前年比で60%を超える成長をしていたりとカバーできてるから、客観的にみて数字の印象は良いんだと思う。
短期的な株価の動きも考えるなら、情報プラットフォーム以外の部分の伸び方を特に注視した方が良いのかも。

後、情報プラットフォーム事業に関しては想定為替レートがドル円で110円、ユーロ円で125円って事で今のレートから見たら円安に設定しているよね。
一応海外比率が45%水準だから、為替の影響は出てくると思う。

コメント