デイトレで株主優待と配当金を取得した方法

スポンサーリンク

こちらはバロックジャパンリミテッドの株主優待であります。

この優待を取得するためにバロックジャパンリミテッドの権利日8月28日に売買をしたんだけど、普通に考えると28日に買って、28日に売ると優待も配当も貰えないのはご存じの通り。
28日の最後(15時の引け)まで保有していないと権利が獲得できないからダメで、一般論として売って良いのは翌日だよね。

なんだけど、今回はバロックジャパンリミテッドの権利日8月28日に買って、同日28日に売ったのに株主優待をゲットしたよ。ってお話。

なんで同日に売り買いして株主優待が取得できたの?

答えは「SBI証券のPTS市場15時台に買って、23時台に売った。」から。

SBI証券のPTSは、東証が取引終了になる15時から、更に後ろの16時まで取引が可能になっていて、この時間帯はデイタイムセッションって言うんだけど、この16時までの注文は同日の取引として成立する仕組みなんだよね。
要は8月28日の16時までのデイタイムセッションで約定した取引は、28日の約定で受渡日が8月3日として処理されるって話。
で、17時以降はナイトセッションって言うんだけど、そっちは翌営業日の取引として扱われる形なのね。
今回の例でいうと、28日の約定だけど、受渡日が9月2日として処理される。

PTS(J-Market)のお取引時間は、デイタイムセッション(昼間取引)は8:20~16:00、ナイトタイムセッション(夜間取引)は17:00~23:59です。

「朝8:20~」「夜17:00~23:59まで」取引できるのがSBI証券のPTS取引! より引用

この図を見てみて。実際の約定履歴。
約定の時間まではwebに表示されてないんだけど、8月28日の15時台の現物買い約定は受渡日が8月30日。
同日の23時台に行った現物売りの約定は受渡日が9月2日。

受渡日が権利日を跨いでいるから、株主優待の権利獲得確定だね~。

因みに、なんで15時台に買うの?日中だったらもっと安い値段もあったんじゃないの?って話なんだけど、確かに結果論でいえば日中にもっと安い時はあった!
でも一般的に配当優待権利落ちって、終値の位置に対して何%って認識をみんな持っていると思うんだよね。
日中に大きく下がっていたら、権利落ちでは全然落ちませんでした。とは成らない。ハズ。
それに日中の株価は下げ一辺倒で、仮に買ったとしてそこからモリモリ下がったら泣いちゃうじゃん。
そういった考えから日中に買うんじゃなくて、あくまで引け後のデイタイムセッションって感じにしてる。

まとめ

今回の自分の売買を振りかえると、まず東証の15時の引け終値は986円。
それを確認したうえで、それより数%安い値段で約定出来ないかなとSBI証券のPTS価格を監視。

結果として15時台のデイタイムセッションで、969円で買い指値が約定。
23時台のナイトタイムセッションで974円の売りが約定。

これがセッション跨ぎのデイトレで利益が出て、優待も手に入れた一連の流れであります。

優待投資家の中には引けの終値で買って、権利日を跨いで優待を獲得する人もいるけど、今回の手法はデイタイムセッションを活用する事で、それよりも数%有利に売買できる。
下手したら利益も出ちゃう。
そんな手法。

恐らく権利が取れていないのにデイタイムセッションで安値の売りが出るのは勘違いだと思う。(自分も最初の頃にそんな勘違いしてた。)
後、今回は23時台に売ったけど、別に17時からPTSの状況を監視して好きなタイミング・価格で決済すれば良いと思うよ。

注意点としては沢山の株を買うことは流動性の観点から難しいって事かな。
精々単元ぐらいしか買えないと思う。
そういう意味で100万円以内の投資資金の枠でやるイメージ。

参考

ヤフーファイナンスよりバロックジャパンリミテッド8が宇28日の4本値(注意:上部のリアルタイム株価は12月6日のもの)

コメント