有利子負債0PF概況2020年5月末

5月も終わったって事で、有利子負債0PFの状況を確認しておくす。

株価

コード企業名(一部略称)前年末現在値年末比年安値安値/年末安値/現在
3835eBASE5841,300122.6%574-1.7%126%
3969エイトレッド1,7201,98115.2%925-46.2%114%
3836アバント1,0441,1278.0%645-38.2%75%
3901マークラインズ1,9012,0316.8%1,259-33.8%61%
2391プラネット1,5591,505-3.5%1,005-35.5%50%
2815アリアケジャパン8,1307,480-8.0%5,370-33.9%39%
7730マニー3,1102,840-8.7%1,793-42.3%58%
3633GMOペパボ2,3662,137-9.7%1,140-51.8%87%
4919ミルボン6,1305,310-13.4%4,280-30.2%24%
4923コタ1,4151,204-14.9%1,027-27.4%17%
3484テンポイノベ1,036725-30.0%477-54.0%52%

コロナショックでどれぐらい下がったんだろう?
って事で、今年の安値と去年末の価格比(表の安値/年末)を見てみると、基本30%以上下げてる感じ。
赤文字のマニー、エイトレッド、ペパボ、テンポイノベーションは40%以上の下げで、優良企業だと思っているマニーが40%以上下げているってのがすごいわ。
てか、何気にマニーってボラ大きいんだよね。

次は今の価格と年末と価格比(表の安値/現在)を確認してみる。
コロナ関係なさそうなIT系がとにかく強いぃぃぃ。(GMOペパボを除く)
上げの強さはeBASEが別格だわ~。強い。すばらすぃ。
ま、きっと今が旬なんでしょうな。

ミルボン・コタ(美容院)、テンポイノベーション(店舗不動産)が弱いのはコロナ直撃な業界的にって感じかな?
テンポイノベーションは大きく下げて大きく戻し、ミルボン・コタは普通に下げて戻りが弱い。ってのが特徴的だと思う。

戻りが弱いって観点で考えると、ミルボン・コタってコロナの影響具合によっては株価がバイーーーンッって突き上げるのもある?どうだろう。

売買

5月は売買ってあんまり無かったんだけど、テンポイノベーションでちょっとトレーディングした感じ。

決算発表があった8日の夜のPTSで少し売り(700円台)。
11日の月曜日に多めに買い戻し(680円前後)。
珍しくトレーディングが成功したっぽい!

でも値幅が20円程度で全然大きく取れてないから、ポジションを外したリスクに見合っては無いと思う。結果オーライってだけかな~。と。

しかも翌日の12日に800円を超える謎の上げがあったんだけど、そこは見てるだけだったし。
冴えている人は更に800円で売って、後日買い戻しだよね?
それぐらい値幅を取れるならトレーディングして良いと思う。
今回の売買は利益が出てるけど結果としてはダメ。

ポートフォリオ

テンポイノベーションの売買があったから、下位で順位に入れ替わりはあったけど、比率では別に大きく動いて無いね。
PF上位はノータッチだからぱっと見で先月末と殆ど変わって無いと思う。

これは月末時点の口座の現金比率。
式は「口座の現金/(現金+株式評価額)」。

今回のコロナショックで現金比率を高めたり入れ替えもしたけど月末ベースでは4末に3%程度いったぐらいね~。
日次ベースだと10%現金を作ったような日もあったかな。

とりま暴落で資産規模が落ち込んだ時期もあったけど、リバウンド時も投資継続できた事で、指をくわえて上昇する相場を眺める的なリスクは回避できたかなと。

成績

有利子負債0PFはSBI証券で運用してるからグラフにSBIって書いてるけど気にしないで。

前月比+11%。年末比-7.5%。
このペースで株価が上がると、6月にはプラテンしそうだよね~。
ま、無理だと思うけど。

コメント