プラネット:2020年7月期決算

プラネットから決算単信と配当金のお知らせがリリースされていたから見てみましょう。
2020年7月期決算短信
剰余金の配当(増配)に関するお知らせ

説明資料は9月24日に公開。
2020年7月期 決算説明会資料

配当

まずは配当の件。

期末配当20円50銭の会社予想から21円へ増配ッ!
最初は配当据え置きの計画からスタートしてビクビクしてたけど、結果は増配でホッとした感じ。

2020年7月期決算

2020年7月期の会社予想と業績

単位:百万円予想実績
売上3,0303,052
営業利益615729
経常利益630748
純利益430441

何気に予想値と比べて数字良いよね。

旅費交通費が抑えられたりで、コロナの影響がコスト面でプラスに働いた模様。
ただ、純利益は渋い数字に。
これは投資有価証券評価損を特別損失として計上したためらすぃ。

…えっと、投資有価証券って何があったっけ?
2019年7月期の有価証券報告書から確認してみるぽ。
有価証券報告書-第34期(平成30年8月1日-令和1年7月31日)

あぁそうだった。アイスタイルを結構保有してるんだよね。昔確認した記憶がある。
因みにアイスタイルはアットコスメの会社。ダブルフロンティアは買い物代行の会社。

てか、社債も結構保有してるよな~。
個人投資家目線で言えば、運用として長期で保有するなら債券なんかよりも株(世界株インデックス等)がパフォーマンス的にベターだし、何なら積立投資でもしたら良いんじゃないか?
価格変動がどうのって言うなら、定期預金の方が余計な神経使わないからベターなのではなかろうか。

って事でちょっと横道にそれたけど、改めて前期の実績と今期の予想をチェックしてみるぽ。

2020年7月期の実績と2021年7月期の会社予想

単位:百万円2020/1Q2020/2Q2020/3Q2020/4Q2021/1Q2021/2Q2021/3Q2021/4Q
売上7731,5142,2793,052 1,5203,070
営業利益166313521729 310645
経常利益169320531748 315660
純利益114214357441 215 450
売上前期比1.4%0.2%1.3%0.9% 0.4% 0.6%
営業利益前期比-11.2%-14.2%-2.3%3.1% -1.0% -11.5%
経常利益前期比-10.6%-13.7%-2.2%3.6% -1.6% -11.8%
利益前期比-11.6%-15.4%-3.5%-10.2% 0.5% 2.0%
売上進捗率25.3%49.6%74.7%100.0% 49.5% 100.0%
営業利益進捗率22.8%42.9%71.5%100.0% 48.1%100.0%
経常利益進捗率22.6%42.8%71.0%100.0% 47.7%100.0%
純利益進捗率25.9%48.5%81.0%100.0% 47.8%100.0%
営業利益率21.5%20.7%22.9%23.9% 20.4% 21.0%
経常利益率21.9%21.1%23.3%24.5% 20.7%21.5%
純利益率14.7%14.1%15.7%14.4% 14.1% 14.7%

前期についてはコロナの影響によるコストダウンが4Qで効いてて、営業利益が前年比プラスに浮上した感じ。

今期の方はコロナの影響で売上は横ばい研究開発コストにより営業利益は減少。そんな感じ計画。
営業利益率は20%をキープ。
保守的な数字だと勝手に思ってるけど、コロナ情勢も見つつな感じかな。

一応細かく、前期の事業別売上も確認しておきまっしょい!

細かく事業別に見てみると、主力のEDIは売上増でこれは微増堅調。
ただ、データベース・その他は売上減。あんまりうまく行ってないみたい。

長期的な業績の推移

利益はヨコヨコレンジが続いてて、売上もここ3年は1%未満の成長。
利益は積極的に顧客還元するから良いとして、問題は売上の伸び方だよねぇ。
EDIを利用する会社は年々増えてる。だけど、その伸びに対して売り上げが伸びてないように思うんだよなぁ。

ま、ただこの業績の推移。ものすごく堅いよね~。
リーマンショックの2008年から見て大きな下振れが無いのは強い。

感想

ひとまず連続増配記録更新は個人的に好材料。
ま、増配の前提になる売上が伸びてるしね。ほんの少しだけど。

ただ、成長性の弱さがな~。
売上成長率が1%程度の状態が続いているけど、今後売上減の年がいつ発生してもおかしく無い気がする。

営業利益率20%をキープしているのは優秀だと思うけど、この成長角度は投資家としてちと厳しいと思うんだよね。

コロナが落ち着けばインバウンドも復活して活性化するんかな?
希望的観測を持ちつつ、今後の成長拡大に期待。

株価

発表当日2020年9月14日のSBI証券のPTSでは1450円で出来高100株。

2020年9月15日のプラネットの株価

株価前日比
前日終値1,461
始値1,4620.1%
高値1,4740.9%
安値1,406-3.8%
終値1,448-0.9%
出来高5,000

翌日の東証の株価も似たような水準かな~。
出来高はプラネットにしては大きいけど、目立った動きは無かった模様。

コメント