eBASE:2022年3月期第1四半期決算短信

eBASEの2022年3月期第1四半期決算をチェックするぽ。

参考

2022年3月期第1四半期 決算短信
2022年3月期第1四半期決算と事業報告

業績

単位:百万円2022/1Q前期比進捗率利益率
売上8961.6%19.9%
営業利益92-28.7%7.4%10.3%
経常利益97-29.2%7.5%10.8%
純利益64-30.4%7.3%7.1%

進捗率・利益率
物足りないけど2020年3月期もこれぐらいの進捗率だった。

eBASE事業

減収減益。

ストックの部分(ライセンス&保守・クラウド)は着実に伸びるもフロー売上が伸びなかった。
特にパッケージソフトの販売が大苦戦。

eBASE-PLUS事業

増収増益。

売上は前期から継続する案件の開発遅れ等で、一時的に稼働が上がり、前年同四半期比で増加。

人材の確保は困難な傾向は継続。

感想

業績としては悲観しすぎる程じゃないけど、ポジティブな状況でもない感じ。

以前から採用が厳しいって話は聞くけど、察するに「楽しい、給料も高い!」って環境じゃないよねぇ。
社員に対しても「貢献なくして…」の理念で待遇の良化がどれだけ出来るかだと思うけど、こーゆーのって急に改善される話じゃないよねぇ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました