テンポイノベーション:2022年3月期第2四半期決算

テンポイノベーションの2022年3月期第2四半期決算をチェキ!

参考

2022年3月期 第2四半期決算短信 (2021年11月2日 15:30開示)
2022年3月期 第2四半期 決算説明資料(2021年11月15日)
決算説明動画(2021年11月17日公開)

決算説明資料は短信と同日公開きぼんぬ。(それだと中の人は大変なのかな?)

業績(計画比)

単位:百万円2022/2Q計画2022/2Q実績計画比
売上56645,6670.1%
営業利益39144112.8%
経常利益4274689.6%
純利益2923178.6%

結構営業利益は上振れ着地に思うけど、利益率を見ると妥当な水準だったりもする。
特に動画でも説明は無いんだけど、はて?
誤差の範囲って事なんかな。

とりま「売上増の割に経費(人件費)の増加が限定的だった。」って説明が決算説明資料にあるけど、その辺が要因なのかなぁ。

業績

単位:百万円2022/2Q前期比進捗率利益率
売上56679.5%50.0%
営業利益44152.1%54.2%7.8%
経常利益46840.1%53.8%8.3%
純利益31743.4%53.3%5.6%

前期比

1Qほどのインパクトは無いけど、特に利益は大きな数字でコロナからの回復を感じるよね~。
売上利益共に2Q最高業績を更新

進捗率

売上の50%は2021年度と同水準。
営業利益で50%を超えたのは2018年度以来。

利益率

これもコロナ前の水準に戻ってるように思う。

セグメント別

全体として平時の状況に戻ってきてる感じですかね~。
売上はもちろん、利益も2020年2Qを超えてる。

転貸借物件数

転貸借物件数の合計は、コロナショックを乗り越えて順調なペースに完全に戻った感じで、1800件。
過去最高を更新。

「新規契約件数及び後継付け件数」は2Qの累計期間で191件。2Q単体だと96件。
コロナで落ち込んで以降は2021年第3四半期から4四半期連続で90件台の獲得が続いているけど、そろそろ四半期単体での100件越えが見たいね~。

不動産売買事業

1Q、2Qの累計で2物件売却の3物件取得。
2Q末時点で保有している物件数は3件に。

3Q以降も売却・仕入活動を積極的に推進する

決算説明資料 p.11

目的は業者との関係強化のためと言いつつ、利益面で業績を支えているのは不動産売買事業なんだよね~。
チャンスは逃さずに積極的に攻めの姿勢って事で、

配当

現時点で予想は未定。
ただ、配当性向25~30%の水準は基本方針としてあるから、それに則った数字になってくると思う。

感想

状況は良くなってきてると思う。ほぼほぼ平時と言えそう。

課題としては 「新規契約件数及び後継付け件数」 の100件超え。
採用の強化の成果がそこで出ると良いなと思う。


一応毎月2名採用→年間24人採用。で、20人定着。が目標との事。
う~ん。20%近くが去ってしまう厳しい環境か。
これはそういうもんなのかなぁ。
離職率は低いに越した事無いけど、これを抑える仕組みづくりが必要?
言うは易しだけど…。
これは難しいのかなぁ?

ひとまずは新卒の方。
折角入ってきてくれた訳だから、定着して欲しいね。

株価

コメント

タイトルとURLをコピーしました