sharing innovations

sharing innovations:2022年12月期第3四半期決算

スポンサーリンク

投稿されてなかった。今更だけど。

参考

2022年12月期 第3四半期決算短信
2022年12月期 第3四半期 決算補足説明資料
通期業績予想の修正に関するお知らせ 

下方修正

通期業績予想の修正に関するお知らせより

売上を5%減らして営業利益7割減のインパクトよ。

クラウドインテグレーション事業の受注が当初の想定を下回り、売上高の伸びが減少いたしました。
一方、新卒を中心とする人員への投資は当初の計画通り実行済のため、損益が悪化しております。

通期業績予想の修正に関するお知らせより

理由としては「仕事が取れなかった。新卒採用は済ませてるから戦力化できず損益が悪化した。」って感じですかね。

背景

で、そうなった背景なんだけど、「営業や中堅エンジニアのリソース不足」って事みたい。

対策として「営業の体制強化、セールスフォース社との関係性強化、中堅エンジニア層強化による品質向上」に着手。「執行役員2名が入社。」ってな具合。

これどういう事なんだろうね?
パッと思いつく背景はこんな感じ。

a1、営業が微妙で案件の獲得が少なかった。
a2、エンジニアを増やしたのに営業の増員が甘かった。
a3、セールスフォースからの紹介案件が少なかった。

b1、案件の高度化が進んで、これまでの新卒への教育レベルでは追い付かなくなってきた。
b2、うっかりリーダー総員のキャパを超える新卒を抱えてしまった。
b3、リーダーが大量に離職して新卒をまとめられなくなった。

一番の懸念は大量採用が原因で現場の混乱と離反が発生してないか。
新しい執行役員もコンサル出身で、現場への理解があるかは怪しい。って事。

一応、業績を占うのであれば従業員数の推移を見ましょう。って感じかな。
労働集約型のビジネスなのでね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました