テクニカル分析のバックテストをして思ったこと

テクニカルは全否定

チャートの分析ツールとして見かけるテクニカル分析の話。
移動平均線のクロスとかボリンジャーバンドでどうのとか、RSIでどうのとか。
そういうテクニカル分析だけで勝てるって考えに対しては全否定のスタンスなんだよね。

バックテストした結果

テクニカルってシステム組んでバックテストして、うまく行ったら誰でもぼろ儲けじゃないですか。
って事で何年も前の話だけどFXで確か1000本とか2000本とかバックテストしたんだよね。で、で、で、結局儲かるシステムは出来なかったのね~。無理ゲー。
だからテクニカ分析100%で儲けることはできないってスタンス。
当然これって、お前が上手に使いこなせてないだけやろ。それか元データが悪いんちゃうん?って言われたらそうかもしれない。ワイにテクニカルは無理なんじゃ。って事。

ま、とりまテクニカルのシステムで検証するなら出来うる限りの長い期間で。例えば1000本以上で検証した方が良いと思うよ。
長い期間で検証して利益が出るなら優位性があると思うし、出ないなら優位性が無いって事。短い期間で確認される優位性は、それはその期間の特徴がワークしただけ。って思うのがよさげ。
ま、自分も最近だと景気ウォッチャー調査の数字で日本株の動きを占ったりしてるけどね。でも株価の安心材料、売り材料って感じ。検証期間が短いから一つの心の支え程度ね~。

コメント