eBASE:2021年3月期第1四半期決算

eBASEの2021年3月期第1四半期決算内容をチェキ!

2021年3月期第1四半期 決算短信
2021年3月期第1四半期決算と事業報告

業績

単位:百万円2020/1Q2021/1Q
売上855882
営業利益98129
経常利益107137
純利益7192
売上前期比3.3%3.2%
営業利益前期比-16.9%31.6%
経常利益前期比-16.4%28.0%
利益前期比-18.4%29.6%
営業利益率11.5%14.6%
経常利益率12.5%15.5%
純利益率8.3%10.4%

増収増益で好調な数字。
利益率も改善。

懸念材料

eBASE事業に関して、各業界向けの懸念材料について説明されてた。丁寧。

食品業界向け(売上構成比率49%)
発注の遅れ、案件規模の縮小等、業績への影響の兆し。

日雑業界向け(売上構成比率45%)
顧客企業の捺印が必要な決裁が停滞したことによる発注の遅れや、案件規模の縮小等、業績への影響の兆し。

住宅業界向け(売上構成比率6%)
コロナウイルス感染症の影響が大きい住宅業界では、今後の大幅な進捗遅れの懸念。

懸念材料満載かよ~。って見方もあると思うけど、自分はポジティブ。
事前にそういうマイナス要因を丁寧に説明してくれる姿勢に好感。
逆に安心・納得できるし、それを踏まえてどう判断するか。考える時間も出来るよね。

自分の考えとしては、会社の説明不足で投資家側が疑心暗鬼になる方が良くないかなって思う。

株価

発表当日7月31日のSBI証券のPTSは最初飛びつきで高く始まるも、その後は東証終値を割る水準1420円前後で商いが発生していた感じ。
出来高6000株でまぁまぁ売買はされていた模様。

7月31日のSBI証券のPTS株価

東証終値1,495東証終値比
始値1,5302.3%
高値1,5302.3%
安値1,400-6.4%
終値1,421-4.9%
出来高6,000
売買代金8,647

7月31日以降の株価

日付始値高値安値終値前日比
2020年7月31日1,5191,5441,4601,495
2020年8月3日1,4651,4711,3121,449-3.1%
2020年8月4日1,5001,5001,3811,385-4.4%
2020年8月5日1,3631,3711,3051,342-3.1%
2020年8月6日1,3411,3981,3301,3823.0%
2020年8月7日1,3951,3951,3461,363-1.4%
2020年8月11日1,3591,3651,2771,281-6.0%

東証の株価推移を見るとボロボロっすな。
追い風ど真ん中のIT系の材料出尽くしって事?
連日下げて1勝5敗。はひぃ~。

コメント