テンポイノベーション:2021年3月期第1四半期決算

テンポイノベーションの2021年3月期第1四半期決算を確認しますよ~。
不動産×飲食って事でコロナど真ん中ッ!

2021年3月期 第1四半期決算短信
2021年3月期 第1四半期 決算説明資料
株主優待制度の変更に関するお知らせ

業績

2020年と2021年の第一四半期の比較

単位:百万円2020/1Q2021/1Q
売上22772404
営業利益188100
経常利益195109
純利益13572
売上前期比23.5%5.6%
営業利益前期比52.8%-46.8%
経常利益前期比56.0%-44.1%
利益前期比57.0%-46.7%
営業利益率8.3%4.2%
経常利益率8.6%4.5%
純利益率5.9%3.0%

コロナは単なる不景気とは違ったって事で、結局はこうなるよね~。
決して良い数字じゃないんだけど、結構頑張って維持できた数字だと思う。

飲食店と外食マインドの底がどのへんか分からないけど、とりま6月は内見が増えたりして活性化してきてるそうな。今後の回復に期待。

転貸借物件数

ストック(ランニング収入)になってる転貸借物件数を確認してみますよ。

この1Qで増加した件数は「たったの5件」。ひぃぃぃぃ。
因みに前年1Qは67件だったから散々な数字と言ってしまって良いと思う。

個人的には5件って数字についての説明が全く無いのは大きな不満で、どう見ても少ないじゃん?
不景気は仕込み場だと思ってたから、「これだけしか増えなかったんだ。なんで?わから~ん!」と言うのが正直な感想。
むしろ減らなかっただけ良かったのか?う~ん。

現場としては人的リソースを飲食店の生き残りサポートに回したのはあると思うし、居抜き店舗.comでは情報を今必要なお客様目線で充実させて、実際にアクセスが大きく伸びた事はとても良かったと思う。(公的補助の事とか色々参考にして頂けたんじゃないかな?)
コロナ対応に尽力した社員への特別手当も支給していたそうで、現場の皆さんは頑張ったんだと思う。お疲れさまでした。

ではあるんだけど、ただ、このピンチをチャンスとしてストック資産を増やせなかったのは、今後の成長を考えるともったいなかったなぁ。と。名古屋に住んでる外野としては思う訳です。
結局IRにもそういう問い合わせは出ると思うし、先手を打って説明資料1ページ分で書いてくれてたりすると投資家もIR担当も負担が減って良かったんじゃなかろうか。的な。

株主優待の内容変更

株主優待がジェフグルメカードな事に変更は無いけど、100株で3000円の条件だったのが300株を1年以上保有で5000円の内容に。

投資家として長期保有の前提は歓迎だし、300株以上のホルダーにとっては額面が増えるわけで上方修正だよね~。
優待だけが目的の単元ホルダーの方はご愁傷様。

株価

発表当日のSBI証券のPTSは東証終値比+3%で引けた形。
上がるんだ。買い戻し?
…まさか優待を貰う為に200株みんな買ったとか?そんな事ないよね?

2020年8月3日のSBI証券のPTSデータ

東証終値533東証終値比
始値509-4.5%
高値5493.0%
安値509-4.5%
終値5493.0%
出来高14,000
売買代金7,313

コメント