コタ:自社株買いとMSワラント

コタが自社株買いとMSワラントの発表をしたっぽ!

ややこしいから頭の中を整理したい。
…IRに確認してないし、正しい考察だとは言わない無いからね?(念のため。)

参考リンク

自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ
自己株式を活用した第三者割当てによる第1回新株予約権(行使価額修正条項及び行使許可条項付)の発行に関するお知らせ
本日の開示に関する補足説明資料

まとめ

過去3回に渡って約41億円の自社株買いを行ってきました。

今回4度目は、9.5億円を上限とした66万株の自社株買いを行う予定です。
この自社株買いは筆頭株主の英和商事が売却を希望する66万株を引き受ける形です。

更にこの自社株となった66万株は、MSワラントの形でモルガン・スタンレーMUFG証券へ渡る形となり、その分のお金を受け取ります。
これにより、約11億円の資金調達をする計画です。
設備投資や研究開発に使います。

行使価格に上限はありませんが、下限は本件の自社株買いで取得した際の価格になります。

潜在希薄化率は約2.93%です。

データをまとめるとこんな感じかな。

頭の中を整理

66万株の流れは
「英和商事保有分→コタ→モルガン・スタンレーMUFG(→市場)」。
潜在希薄化率は約2.93%って言うけど、理屈の上では左から右にお金が流れただけ。
英和商事がその持ち株を市場に放出するのと変わらないような。

英和商事の売却要望を自社株買いで迎え撃つのは過去にも出ている流れ。
参考:自己株式の取得及び自己株式の公開買付けに関するお知らせ

MSワラントの下限行使価額が自社株買いの取得価額になってるよね。
前日の終値×91%に行使価額が自動的に修正されるけど、その行使価額は自社株買いで買った値段以下にはならない。
そうなると、基本的にコタは損をしないって事だよね。(手数料は別。)

ただ良く聞く話。
ここからモルガン・スタンレーMUFGの空売りがガンガン入って株価が下がって(自社株買いの価格が安くなって)買い戻し。
これってどうなん?これ良く分からないんですよ。
ま、これがアルにしてもナイにしても、前日比9%のディスカウントで鞘が盗れるのはまず間違いないよね~。自分にも鞘抜かせてほしい…。

一応直近だと2016年に300,000株×1,310円=3.9億円の立会外分売があった感じ。
参考:株式の立会外分売終了に関するお知らせ

株価的にはどうでしょうね。
成長戦略はあるけど、特定の企業が儲かる手法である事、MSワラントの悪評と過去の事例がどこまでの嫌気を誘うか。
そんな感じですかね?

…ってかね~、こーゆーのホントダメなんですよ。
小難しいファイナンスとかが無さそうだから、有利子負債0の会社に投資してる側面もあるんですけどねぇ。
はひ~。

コメント