マニーの2019年8月期中間決算

マニーの2019年8月期中間決算の内容を見てみたよ。
リンク(PDF):平成31年8月期 第2四半期決算短信中間決算説明会資料

決算の中身

売上は会社予想通りだけど利益が上振れ。

SD

一応売上が前年同期比で弱いのは、デンタルのセグメントでSD(Schütz Dental)株式譲渡の影響が大きい感じ。
競争力の低下とかじゃない一過性のもので想定の範囲内かなと。
SDは売上が大きいけど利益率が低いって構図で、売却しても利益への影響は限定的かな。
一応SDが無くなる分の利益が減少するけど、販管費も減少していて結構相殺している感あり。
今後は利益率が改善されて、投資家目線での見栄えは良くなるかなと。

MHC

営業利益の改善についてはMHCの新工場の本格稼働とか、MHCの原価率が大きく改善と言った要因が説明されているね。
「MHC」ってのは「MANI HANOI CO., LTD.」の略称で、ベトナムハノイの工場の事。

想定為替レート

想定為替レートについてのメモ。
今日4月10日のレートはドル円が111円でユーロ円が125円と言ったところ。
当期レート:1ドル=111.56円、1ユーロ=128.12円

発表で株価はどうなったか

発表翌日は結構下げたねぇ…。
皆さん期待しすぎ?
4月の高値は決算発表のあった4月4日に6000円で、翌日8日の安値が5550円水準。
高安で7.5%の値幅は結構大きい。
不安材料は特に無いから、早期に6000円の復帰からのブレイクアウトきぼんぬ。

コメント