GMOペパボ2019年12月期第1四半期の決算

GMOペパボ2019年12月期第1四半期の決算が出たから見てみるよ。
まず、第1四半期の時点でハンドメイド事業が黒字化(四半期ベースで初!)しているのは大きいんじゃないかな。

情報ソース

リンク(PDF):2019年12月期 第1四半期決算短信
リンク(PDF):決算説明会資料

利益率の改善

ミンネへの積極投資の辺りからの第1四半期の業績と利益率の推移を表にしたからチェックしてみよう。そうしよう。

第1四半期の業績と利益率の推移

*2014/1Q2015/1Q2016/1Q2017/1Q2018/1Q2019/1Q
売上高1,1241,2821,6511,8051,8972,185
営業利益150-120-174117151300
経常利益117-121-157113154308
純利益69-98-103117141245
営業利益率13.3%-9.4%-10.5%6.5%8.0%13.7%
経常利益率10.4%-9.4%-9.5%6.3%8.1%14.1%
純利益率6.1%-7.6%-6.2%6.5%7.4%11.2%

2014年度から5年で売り上げが45%アップして、しっかりと利益率を10%を超える水準まで戻してきているのが分かるね。ええやん!

事業別にあれこれ

新しい情報は無いけど事業別に少々改めて整理してみるね。

今期は契約件数が減ったホスティング(ロリポップ・ムームードメイン)のテコ入れに、広告宣伝費を増して使う予定。
これは既に第1四半期から投入している感じみたいね。

カラーミーショップも契約件数は緩やかに減少しているのね。
件数の減り以上に単価は上がっているけど。

これからのminneは、広告宣伝費をガンガン投入するスタイルから、サービスの中身を練り込んでいく方向になるよ。

株価

発表当日4月25日のSBI証券のPTSは3500円台。
翌日の午前中は少しずつ上昇で午前中に3700円台。

おまけ

全く関係ない話だけど、そろそろGMOペパボカードがあっても良いんじゃないかな~とか思うね。
フリーナンスのジョインとGMOあおぞら銀行の設立で尚更思う次第。
ペパボのホスティングやminnne等での決済で還元率が高くなると嬉しい。
会場イベントでも勧誘できるよ!
フリーナンスで個人向けだったり(流通系カードぐらいは作れるけど)、GMOインターネットグループカードとか、GMOインターネットとしてもクレジットカードはあっても良いと思うんだけどねぇ。
基本還元率が1%で、GMOグループでの利用で+1%かつGMOあおぞら銀行引き落としで+1%。
ま、この辺の条件の組み合わせで2.5%以上の還元率が出たらカード作るよねぇ。間違いない。

コメント