評価額1位 iFreeNEXT NASDAQ100インデックス

2018年末の保有銘柄トップ15と損益率のシリーズ。ここでは数字や株価の深い分析はしないよ!

って事で1位のiFreeNEXT NASDAQ100インデックスについて。

なぜインデックスなのか。

リスクが高めなのは承知で主にFX(ドル円ロング)の証拠金の担保として使いたかったから。…って言うちょっと不思議な理由だわね。

ま、担保って事で頻繁に売買しないから、個別よりイベントが少ないインデックスが良いかなと。

なんか、そこ?って感じだけど、ま、そうなんですね。はい。リスクテイカーですから。

なぜNASDAQ100なのか

インデックスの中で過去パフォーマンスが良い部類だからナスダックにした感じ。その分ボラ高いかもしれんけど。

もちろんアメリカ覇権の時代だからっていう面もあるだろうし、今後はわからない。

でも少なくとも資本主義の国でパフォーマンスが良好って言うんだからそこに賭けても良いかなと。ヘルスケアセクターファンドが出ればそっちも検討するけど。

とりま目先はこれでいくつもり。

ちなみに特定口座でも直接米株・ETFを買う事はないのね。

配当や決済で入ってきたドルの待機時における為替の扱いが納税を考えるとややこしいから。

なぜ時価評価トップなのか。

まず、あえて1位の軸として置いている訳じゃないんだよね。

上に書いた様に元々はFXの担保で、レバレッジを抑えるにはそれなりの額を確保してたんですね。単純にそういう事。

昔はマネーパートナーズでETFを担保にドル円をロングしてたんですよ。

だったけど、FXポジションの縮小に合わせて今は楽天証券でiFreeNEXT NASDAQ100インデックスの投資信託の形に変わってこうなってる。(今も少しマネパにはETFで置いてるけど。)
ハッピープログラムのポイント獲得で少しお得になるなるのは嬉しいね。

なお、移管しても良かったけど一度ETFを利食いしてやれやれで投信で買い戻し。結構高値の含み損を抱えた取得単価だから見栄え悪いね。

コメント